横浜交通労働組合 トップページへ戻る

明日の横浜交通を創造する委員会(略称:横浜交通クリエーション)

交通政策の前進にむけ「横浜交通クリエーション」始動

第19回執行委員会(2002年12月10日)において、横交の政策闘争強化に向けて東京工業大学宮嶋勝教授にご指導をいただくことを確認しました。
第22回執行委員会(03年1月8日)で政策活動を推進するメンバーの募集を決め、1月15日午前中で締め切った12名を、第25回執行委員会(1月22日)に確認しました。
2月7日に、宮嶋先生とメンバーによる第一回会議が開催され、委員会の名称を「明日の横浜交通を創造する委員会」(略称:横浜(交通)クリエーション)としました。
2回目以降は、2月11日、13日に、フリー討論を進め、20日には宮嶋先生から、交通政策の問題について「クリエショーン」が取り組む方向性について(1)組合内部向けの取り組み、(2)外部(市民)向けの取り組み、(3)12名のクリエーションメンバーの勉強会的取り組み、(4)その他の取り組みにまとめ、=骨格を決め、3月中旬までに具体的な行動内容を創り、4月から実際の行動に入っていくことになっております。
現在まで、3回の委員会を開催し、毎回3時間を越える討論でメンバーの意志一致を行っています(2月14日現在)。

【“明日の横浜交通を創造する委員会”メニューページへ】
トップページへ戻る
All Rights Reserved. Copyright © 2003横浜交通労働組合.