横浜交通労働組合 トップページへ戻る

明日の横浜交通を創造する委員会(略称:横浜交通クリエーション)

横浜交通クリエーション・全職員アンケートの実施

横浜交通クリエーションは、このゴールデンウィーク中に、全職員アンケート調査を実施することになりました。

横浜交通労働組合は、「市民の足を守る」ため、昨年2月の道路運送車両法改正(路線バス規制緩和)に向けて「一万人市営バス利用者アンケート」「組合員アンケート」を実施し、横浜市営交通が進む方向を模索して参りました。

規制緩和を越え、参入退出の自由から地域における鉄道・バスの路線廃止が社会問題となつております。住民からは公的助成を求めるの声が強くなると共に、地域交通を確保する意味からの企業の統廃合が進でいます。その中で事業を廃止する都市(市営交通事業)も出てきています。

横浜市でも、市長の諮問機関として「横浜市市営交通あり方検討委員会」が発足し、多方面から「横浜市の交通」を検討していくこととしています。

私たちは、横浜市民と共に培ってきた「横浜市営交通事業」の存続に向けた、全職員の貴重なご意見を集めたく、今回のアンケートを実施することにしました。

皆様のお知恵をいただくにあたり、プライバシーの厳守・個人の秘密は一切外へ出さないことをお約束し、集計・集計後のフィードバック等を考慮し、アンケートは「記名式」とさせていただきたいと考えています。

現在、アンケート調査実施に向けて準備を進めていますが、糊付きの封筒に入れて4月24日頃、皆さんのお手元に届くと思います。回答は、その封筒を利用し密封後、組合支部を通じて回収したいと考えております。

横浜交通クリエーションA班「一心」

【“明日の横浜交通を創造する委員会”メニューページへ】
トップページへ戻る
All Rights Reserved. Copyright © 2003横浜交通労働組合.